『水スペ(略)』は、ゲームパートと、アドベンチャーパートを繰り返してゲームを進めます。ゲームは1週間単位で進行して、1年の期間内、探検部を破産させることなく、大学および町内に隠された世界の謎を解明することが目的です。

※以下はすべて、開発中の画面で、細かいレイアウト・表記などは変更になる可能性がございます。



■平日パート基本メニュー



『水スペ(略)』のゲームパートは、探検の準備を整える平日パートと、週末に探検を行う探検パートにわかれます。
  平日パートでは、探検隊員を雇ったり、アイテムを購入したり、探検の成果を渡す契約先を決めたりします。

○購買部


 アイテムを購入できます。
 アイテムは、探検中のアクシデントの解決に使用されます。
 また、探検中に獲得したアイテムを売り払って資金を稼ぐこともできます。

○学生課


探検隊のメンバーを雇います。
探検隊のメンバーは、主要キャラ以外は、週給を払って、雇うことになります。
学生課には、その週に暇を持て余している学生がいますので、彼らを雇うことになります。
探検隊員は、以下のパラメーターを持っています。
・体力 主に持久力を表します。どれだけの荷物を運べるか、肉体的にタフな状況に耐えられるかを表します。
・運動 運動神経です。突発的な危険にどれほど機敏に動けるかなどを表します。
・知性 知的活動に優れているかを表します。謎解きや交渉などで発揮されます。
・色気 突発的なアクシデントで輝く魅力を表します。
・運気 知性、体力では解決できない状況でも、なんとかしてしまう力です。
・燃費 探検中の食料消費に関わります。
各パラメーターは、探検中のアクシデントの解決に使用されます。

○メディア棟


  探検のスポンサーと契約します。
  メディア棟には複数のスポンサーとなりうる団体がいます。各団体は、それぞれ、好みの探検ポイントの方向性を持っています。
  その探検ポイントの条件を満たすと、報酬が支払われ、それが次の探検の資金となります。
  探検ポイントを満たせないと、当然ながら、報酬が満額支払われない可能性があります。

○探検準備


  探検の行き先と、探検に必要な食料を購入して、探検に出発します。
  探検の行き先は、メディア棟での契約先によっては、選べないものもあります。
  また、各探検先には、それぞれ難しさや得られやすい探検ポイントが情報として示されています。


■探検パート基本画面


  探検パートでは、探検場所を一歩ずつ、踏破率を上げていく形で進んでいきます。
  踏破率が進む毎に、アクシデントが発生し、内容がカード形式で提示されます。また、そのアクシデントの解決方法が、選択肢として提示されます。
  アクシデントの解決には、以下の方法があります。
  ・特定の隊員(個人または複数人)を解決にあたらせる。この場合、選択した隊員は、疲労状態(以降、アクシデントの解決に使用できない)、または、気絶状態(以降、単なる荷物に等しくなる)になる場合があります。
  ・アイテムを使用する。使用したアイテムは消費される場合があります。
  アクシデントを解決すると、解決手段に応じて、探検ポイントを獲得します。
  探検ポイントには、以下の3種類があります。
  ・エキサイティング ドキドキハラハラな探検成果です。現れた怪物を力で倒したりした場合に多く得られます。
  ・ファンタスティック アカデミックな探検成果です。遺跡の謎を解読したり、原住民との交渉を成功した場合に多く得られます。
  ・ポルノ イヤンエッチな探検成果です。大ダコにつかまった女性隊員の姿をあますとこなくカメラに収めた場合に多く得られます
  これ以上先に進めないと判断した場合は、撤退を選択します。全滅するよりはマシです。

○探検中情報


  ゲームパート中では、探検隊の情報を参照できます。
  探検中情報では、直前のアクシデントの内容や現在の踏破率を確認できます。

○隊員情報


  現在の隊員の情報を確認できます。

○アイテム情報


  現在のアイテムの情報を確認できます。

○契約情報


  現在、契約中の契約の情報を確認できます。



■リザルト画面


  探検先の最深部まで到達した場合、あるいは、やむなく撤退した場合、または、力尽き全滅した場合、その週の探検は終了し、リザルトが表示されます。
  契約した内容によって、報酬が支払われます。


■隊員更新


  探検が終わると、一週間が終わり、新しい週に入ります。このタイミングで、隊員のうち何人かは、それぞれの理由によって、探検隊を離れる場合があります。また、残った隊員の中から、諸般の事情により、解雇する隊員を選ばなくてはいけないかもしれません。

 

>>BACKto [SUISPE] top >>BACKto LIAR top