[Sona-Nyl Now on sale!]
発売日記念更新
『ジャガーマン吼える』

ブエノス・ノーチェス!!

ああ、人間どもめ!
どうしようもなく儚く哀れな人間どもめ!

俺はジャガーマン。
勇猛なるジャガーの戦士にして、
我が身をナワルと化した超克にして可能性の獣である。

今日は、俺が貴様たちに《地下世界》を案内してやろう。

ククク…。
クハハハ…。
ハーッハッハッハッハ!!

まずは、地下ニューヨークに於いても
その偉容を失わぬ“自由の女神”だ。
見るがいい!


ククク…。
何が自由だ!
何が女神だ!
こんなものはただの青銅の置物にすぎんわ!

ククク…。


この貌を見るがいい。
この冠を見るがいい。
自由だと?
貴様が司るのは秩序という名の束縛に他ならない。

7つの棘は7つの罪か!

新大陸の神など!
我がナワルの牙にも劣るわ!

だが、美人だな。
うむ。
美人だ。
やや逆光だが…。


刻印版が見えるか?
これには合衆国憲章の序文が刻まれている。
そもそも、そこに刻まれた無限の傲慢こそが……。

ん?

何か……。
違和感があるな……。

まあいい!

ククク。では次だ!
見るがいい、これこそ地下ニューヨークの中心!
紫影の果て!

あの御方のおわす場所!
その名も──


トレヴァータワー!

ん?

何か……。
違和感があるな……。


あれ?
塔が、2つになってないか……?

ひとつ。
ふたつ。

やはりそうだ!
どういうことだ、どうなっている!
トレヴァータワーはツインタワーではないはずだぞ!?

どういうことだ。
どうなっている?
セントラルパークはちゃんと──


ちゃんと……。
あれ?

何か……。
違和感があるような……?


セントラルパーク……?
色合いが……。
いつもと違うような気がするんだが……。
こ、これではまるで、そう!


KOU−YOU!
極東の言葉でいうところのKOU−YOUの状態ではないか!
どうなっている!

この俺に幻を見せるだと!?
そんなことがあるものか!
何かの間違いだ!

し、しかしこれは……。


O・CHI・BA……?
これは極東の言葉でいうO・CHI・BA!
何故こんな……。

何かがおかしい。
むう、マンハッタンはどうなっている!
確認する必要があるな。
まずは、何番街かを確認せねば。


Higashi−Dori Ave.だと…?
え?
それは何番街のことだ?
ヒガシ=ドリとは……一体……。

え、ええい!
記憶のままに行くまでよ!
タイムズスクウェアはどうなっている!


あれ……?


何か……。
いつもと様子が違う……?

これはどういうことなのだ。
タイムズスクウェアはどこへ行った?

ぬう。

このままではいかん。
落ち着いて考えるべきだな。
そう、あれは昨日、俺があの御方と話をしていたら、
何かを俺が言って──

ん?

何だ。何か、嫌な感じがしたぞ。
何だ。何だ。何だ!

何かが俺を見ている!
誰だ!
そこにいるのは──

そこか!!


な……!

なん……だと……。

あれは、莫迦な小娘の姿……。
篆刻写真か?

なぜ街中にこんな大型の機関式パネル看板のような篆刻写真のような、
ともかくあの小娘の姿が大写しになっているのか!
何がどうなっている!


むう……。
やはり、どう見てもあの莫迦な小娘ではないか。
ムググ……。

ええい。
ええい! すべて何かの間違いに決まっている!

こうなれば──

ひとまずはお茶の時間としようではないか。
偶然にも、俺はニューヨーク・チーズケーキを持っている。
この俺ほどのナワル使いともなれば、
テーブルセットを召喚・実体と化すのも容易なこと。

よっ

はっ。

とっ。


──よし。いただこう。
やはりチーズケーキはよいものだ。
特にニューヨーク・チーズケーキは良い。
素朴で、しかし時に繊細で、何よりも芳醇なかぐわしさよ。

ククク…。
クハハハ…。
ハーッハッハッハ!!

では、いただきま──

(ひょい)


何ィ──!?

ちっちゃい小娘が!
ちっちゃい小娘が俺のチーズケーキに!

あっちへいけ!
な、なんだ、突然虫のように湧きおって!
ゆるさんぞ!

ハア……ハア……。
ん……小娘め、どこへ行った?
ククク。俺の怒りに恐れをなして逃げたと見える。
だらしのないことだ。

ならばとっておきだ。
我が好物たるマカロンをも配置してくれるわ。
チーズケーキだけでなく、マカロンをも貪ってくれよう!


ファンタスティコ!!

ククク……。
うまそうだな……。

では、いただきま──

(ひょい)


アユダーメ!!!

やめろ!!
それは俺の、俺のチーズケーキとマカロンだ!
哀れで莫迦な小娘め! 貴様!!

ん?

おや、叫んでいたらいなくなってしまったぞ。
ククク、そうか、俺の咆哮に恐れをなして逃げ──

ええい!!

そんな訳があるか!
おのれ、あの御方の悪趣味にも程があるわ!
この俺を謀りおって……。

見ていろ、この爪でこんな幻など、
あっというまに……。

ん?

んん?

あれ?
そういえば……俺自身さえ、いつもと違うような気がするぞ?
俺の長い長い脚はどこへ行った!
俺の見事な爪はどこへ!?

なんだ!
なんだというんだ!
なんだニャー!

ニャー!

ジャガーニャーニャー!



 

【紫影のソナーニル、本日発売です】

【ジャガーマンがウロウロしていたのは全然別の場所だったようですが、本物の《地下世界》とニューヨークをどうかお楽しみくださいませ!】

 

 

★その後のジャガーマンさん★


ジャガーニャーニャー!!

【ジャガーマンのナワルが進化したゾ!】



AKIRAさんから発売記念イラストをいただきました!