キャラクター紹介第1回 『杏里・アンリエット&天京院鼎』

杏里
「こんにちは、皆さんはじめまして。ボクの名は杏里(あんり)。杏里・アンリエット。学園船『H.B.ポーラースター』 のセカンドクラスに在籍する、イナセでキュートなプリティガールさ」
天京院
「……」
杏里
「男性諸氏には先にことわっておくけど、ボクは正真正銘のレズビアン。だから惚れちゃあダメだよ。女性でも年上はお断り。年下のお嬢さんだったら、ぜひお話しましょう。ラブレターはライアーソフトまで。24時間受付中!」
天京院
「……」
杏里
「それでえーとボクは日仏ハーフなんだ。育ったのは日本だけど、フランス語だってペラペラさ。メルシーボンジュールフランスパーン……なんで黙ってるの? かなえさん。ボクばかり喋っているとバカみたいだよ」
天京院
「いや、楽しそうだから邪魔するのもなんだと思って」
杏里
「なにが?」
天京院
「ま、いい。あたしは天京院・鼎(てんきょういん・かなえ)。日本人。サードクラスに在籍。つまり杏里より年上。レズではない。以上」
杏里
「つけくわえると、学園一の大天才にして大変人。将来は世界一の発明屋さんを目指す科学の信徒だ。燃料はコーヒー豆」
天京院
「『発明屋さん』ではなく発明家。変人は認めるけどね」
杏里
「そしてボクの唯一無二の親友なんだ」
天京院
「……」
杏里
「んふふ、赤くなった。かなえさんは可愛いなァ。年上でさえなかったら絶対、子猫ちゃんの一人にしてるんだけど」
天京院
「あのさあ杏里?」
杏里
「ん、なんだい? かなえさん」
天京院
「呑気すぎるよ、杏里は。ひょっとしたら無実の罪で退学になるかもしれないんだぞ。わかってるのか?」
杏里
「アアッ! ボクと連続レイプ犯を間違えるだなんて、なんたる不名誉! そりゃあボクは子猫ちゃんの絶頂にふるえる白くて細い体が好きさ。ボクの指に応える夏の日差しにも似た熱いアノ部分たるや……」
天京院
「日頃からそんな言動ばかりしているから疑われるんだ」
杏里
「ボクは子猫ちゃんを無理矢理に押し倒すような事はしない! 第一そんなの美しくない。ボクのSEXはお互いが想い合った時に完成する、一つの芸術なんだ」
天京院
「杏里が結果と同じく、過程も大切にしているのは知ってる。他にも杏里が犯人じゃないと信じる人はいるさ。その証拠に学園長は、退学まで三週間の猶予を与えてくれた」
杏里
「その間にボク自身の手で真犯人を捜し当てろってことだね。犯罪捜査なんて、まるで未知の世界だなァ」
天京院
「まずはとにかく、なるべく多くの証言を集める。証拠品も見つかればなお良い」
杏里
「了解。かなえさん! ……でもボクは推理とか論理的なんたらとか、そーゆーのはてんで苦手で」
天京院
「推理はあたしにまかせて。杏里は自慢の勘をはたらかせて、船内を歩きまわるんだ」
杏里
「さっすがァ、かなえさん」
天京院
「だいたいどうして君が推理ゲームの主人公なんだ? いい、杏里? 子猫ちゃんといちゃついてばかりで捜査が進まないと、あたしもロクな推理ができない。真面目にやるんだよ」
杏里
「やきもち?」
天京院
「ち、ちがう」
杏里
「わかってる。子猫ちゃんとのスキンシップは、ほどほどに抑えとく。約束する」
天京院
「ほどほど? まあいいけど、あともう一つ、真はんにんさがしのためには、しなきゃいけないことがあるんだけど……う〜なんだっけ……?」
杏里
「あれ。かなえさん?」
天京院
「うーん、えーとはんにんが次にねらうかのうせいが……」
杏里
「あ、ひょっとしてコーヒー切れ?」
天京院
「きれ、こーひーないかなあたまがぼぉ────────」
杏里
「うわ、クロックが落ち始めた! やばい!! 次回の更新ではヒロインその1、韓国の元気娘ファン・ソヨンを紹介するよ。今回はこのへんでグバーイ」
天京院
「ぼぉ─────」




学園施設紹介・第1回 『生徒個室』

天京院
「ああカフェインが大脳中脳小脳に染みわたる〜。迷惑かけたね、杏里」
杏里
「おやすい御用さ。コーヒー買ってきただけだもの」
天京院
「助かったよ。ではもう一仕事片づけるか。缶コーヒー程度じゃ、そんなに長く保たないからパパッと」
杏里
「ウイ。えーとこのコーナーではゲームの舞台となる『H.B.ポーラースター』の施設を紹介するよ」
天京院
「第1回は学園寮『生徒個室』」


《生徒個室》

天京院
「上の写真が学園生徒に与えられている個室。これはちなみに杏里の部屋」
杏里
「意外と片づいているだろ? ボクはきれい好きなんだ」
天京院
「なんだか殺風景な感じもするけど、それも杏里らしいか」
杏里
「あんまりごちゃごちゃ物を置くと、ドコに何があったかわからなくなるんだよね。それにこの部屋ってば、生活に必要な物はたいてい備え付けてあるし」
天京院
「この写真では見えないが、ドレスルームやバスルームもある」
杏里
「そうそう、特にバスルームはお勧めだね。熱いシャワー、ゆったりたっぷりのバスタブ、そしてお気に入りのバスキューブ! まさに至福の時間を提供してくれる夢工場」
天京院
「……この風呂中毒者め」
杏里
「その通りさっ。この世にお風呂がなかったら、ボクの気はふれてしまうだろう。ジュッテーム、お、ふ、ろ♪」
天京院
「ジュテームはともかく。部屋の内装は、世界各国のお嬢様たちの気風を反映して、自由なアレンジが許されてる。だからピアノを置いたり、観葉植物でいっぱいにしたり、ろう人形館にしたり、いくらでも役に立たないくだらないものを詰め込んでも結構」
杏里
「かなえさんの部屋は、本と機械と実験道具の山だね」
天京院
「アレはあたしなりに整頓された機能的配置なんだ」
杏里
「なるほど。部屋の様子がそのままアタマの中味ってことか。じゃあボクのほうがツヤツヤして綺麗かな?」
天京院
「皮肉のつもりなら悲しいな」
杏里
「なにが?」
天京院
「いやいい。もうコーヒーも残り少ないし」
杏里
「うん。次回は学生たちの憩いの場所『空中庭園』を紹介するよ。また会う日まで。アデュー」
天京院
「アデュー? 永遠にさよならか?」
杏里
「やだなあ、もちろん冗談だって。今度は本当に、オールヴォワール。またね」
天京院
「ふう……帰ってコーヒー飲も」