異形都市インガノック。
 積層型巨大構造体から成る完全環境都市(アーコロジー)であったそこは、
10年前に発生した《復活》ですべてが歪んでしまった。
人も、木々も、機関(エンジン)の排煙による灰色に満ちた大空さえも。ひとつだけであったはずの太陽は、ふたつになって。
 恐るべき幻想生物たちが姿を顕し、都市を豊かたらしめる蒸気機械文明さえもが、歪み、時に異形と化して人々を襲った。
 かろうじて変異を免れたのは、貴族の住まう都市上層のみ。インガノックのごく僅か。
 100万を超すと言われる人口が密集する都市下層は、今日も、地上に存在しえないはずの異形と奇病、
異常なまでに発達した暴力的な機関技術が満ちあふれて。
 歪んだ空から発生した無限の霧は、都市を完全に孤立させた。
 孤立都市にして、異形都市。インガノック。

 巡回医師ギーは、今日も都市を歩く。
 弱者絶滅を謳う上層貴族の定めた“死の都市法”を無視し、歩き続け、下層の人々を診療し続ける。昨日も、今日も、明日も。
 両手からこぼれ落ちていく無数の命を見つめて。
 10年前に失ったものが、一体何であるのかを確かめるように、歩き続けた。

 ──そして、出会う。
 ──ふたりに。

 ひとりは、少女。インガノックの混沌をまるで知らない、黒の少女
 その名はキーア
 人が忘れた“笑顔”を絶やさぬ娘。

 もうひとりは、影。すべての幻想を失った都市において唯一語られる、“おとぎ話”の登場人物。
すなわち、万色に変化する鋼の人影。
 その名は《奇械》
 人ならざる鋼の影。
 異形を砕く刃の手。
 人に“美しいもの”をもたらす、インガノックただひとつの希望──






■第1章■
 巡回医師ギーは、今日も下層を徘徊する。彼は、老若男女の区別なく、都市法が定める当然の“命の選定”すら行わない違法医師。友人のエラリィ荒事屋アティは彼を心配するが、ギーは生き方を変えない。ある日、ふらりと訪れた阿片窟で、大学の友人サレムとばったり出会う。かつての友人は、疲れた色の光を瞳に灯した娼婦となっていた。会話をして別れるギーとサレム。
 翌日、ギーは馴染みの故買屋スタニスワフの元へ出向き、最近、子供が失踪する事件が多発していることを聞く。犯人は怪力の幻想人種《熊鬼》ではないか。聞き流すギーだが、別の仕事の帰り道、その《熊鬼》と、それに手を引かれた不思議な少女を見かける。関わらない方が良いと本能的に悟りつつ、何故か呼び止めてしまうギー。ドラッグ中毒の《熊鬼》に襲われ、殴り殺されそうになったところを、間一髪、アティに救われる。少女の存在をとがめるアティ。その少女は「キーア」と名乗った───

■第3章■
 少女は今日も音を奏でる。機関式オルガンの音色。その音だけが、少女の生きている証とでも言うように。少女は、深刻な樹化病に冒されていた。死を覚悟した彼女のただひとつの願い、それは───
 男は、今日も少女の奏でるオルガンの音に耳を澄ます。少女が彼に語りかけることはないが、彼は、堅い鍵盤を弾いている彼女の指を、手を取って歩いた日のことを今でも忘れない。老いていく肉体を励ましつつ、男が持ち続けるたったひとつの願い、それは───
  ギーの生活にすっかり溶け込んでしまったキーア。ギーも、キーアがいる生活を当たり前のように受け入れている自分に気付き、苦笑する。ギーの仕事を手伝うキーアに束の間の休息を。ギーはキーアを上層階段公園へ連れて行く。美しい景色に喜ぶキーア。そこでキーアは「音」を聞く。儚く、美しく、悲しい音色。その音がキーアとギーと、そして少女を結びつけたとき、少女と男の願いは─── 

■第4章■
 ギーの元へ舞い込んだ、突然の、1級市民からの依頼。ギーとキーアは都市摩天楼へと赴く。依頼主は「幽霊屋敷」と呼ばれる館の主。そこで待っていたのは、数秘機関式の、自動人形の娘。彼女は、主無き屋敷で1人、「誰か」を待っていた。届くはずのない声、自分を呼ぶ「誰か」の声を。
 都市管理部絡みの仕事を受け、摩天楼にいたアティと、相棒の《鳥禽》デビッドに偶然出会ったギーは、アティ達の依頼主である都市職員《蹄馬》から機関接続器を借りて欲しいとアティに頼む。接続器を得て、アティを伴い屋敷へと戻るギー。書庫の中央機関へとアクセスする彼を、そこで待っていたものは───

■第5章■

 そのくろぎぬの小さな子は、只一人、ずぶぬれで都市下層の無限雑踏街を歩いていた。彼女は《観人》イルと出会う。幼子の捜し物はイルにも分からない。2人は都市を散策する。機関精霊を連れて散策する。阿片窟の女主人鉄の脚を持つ子達かしましい双子の情報屋、誰も彼女のことは分からない。上層階段公園の美しい景色と空気も幼子の記憶にはないようだ。イルは、くろぎぬの子を彼の元へと連れて行くことにした。この下層でとびっきりの変わり者、あの巡回医師の元へと───

■第6章■
 阿片窟で働く猫虎の女。その様子をおかしく感じた彼女の同僚はアティに相談し、アティはギーへ診察を依頼する。主人と子供との思い出を語る猫虎の女。ギーは彼女の言動からあるドラッグの影を感じ取る。
 その頃、雑踏街では不思議な少年の姿が目撃されるようになっていた。自らを「僕」と言い、「俺」とも言う少年は、何か目的があるようだったが、その語る言葉は常人には理解できないものだった。
 女を救うべく、治療を続けるギー。その前に現れた男。5年ぶりにギーと再会した黒い影をまとったその男・ケルカンは、ギーに告げる。「俺の邪魔をするな」と───
 
 ※緑太字はキャラクター紹介で紹介されたキャラクター、今回、新規で紹介されたキャラクターです。
 ※黄太字はキーワードで紹介・追加された用語です。
──1話ずつのストーリー紹介はこれで終了します。残りはゲーム本編で是非お楽しみください! 次週以降はキーワード・キャラクターのみの紹介と、特典など書き下ろしイラストのラフ紹介などをしていきます。


[sekien no inganock -what a beautiful people-] Liar-soft 21th by Hikaru Sakurai / Ryuko Oishi.
TOPPAGE / STORY / KEYWORDS / CHARACTER / VISUAL / DOWNLOAD / EXIT(LIAR HP TOP)