(visual:竹村雪秀)
※音声のリンクをクリックするとサンプルボイスが試聴できます。

メアリ 「な、なにを……やめなさいっ!

モヒカン 「も、もうちょっとこう、下からなら、パンツが……!」

メアリ  「っ!?
 じょ、女性を縛りつけた上、こんな仕打ちをするなんて、あなたたちはそれでも男なの!?」

モヒカン 「おいおい、世の中の男ってのは、上品なヤツばかりじゃねぇんだよ。
 いいや、全ての男たち誰も彼もが、俺たちのような欲望を抱えて生きているのさ!」

 「ふむ、一理あるな」

モヒカン 「ああ、そうだろう! そうだろう!」

高子 「胸を張って言うことじゃありませんよ!」

メアリ 「……M!? どうしてあなたがここに!? いいえ、今はそんなことより、助けて!」

 「誰が助けるといった」

メアリ 「は……?」

 「興味を持った。お前たちのやることに、それだけだ」

メアリ 「……あ……ああっ、やっぱりっ! あなたってそういう人よねっ!

 「喚くな、子猫。さあ、お前らは儀式を続けろ。俺はそれを見物させてもらう」

モヒカン 「お、女雪相撲の力士と言ったってな、こうなっちまえば何もできねぇだろ」

鬼百合 「くっ、卑劣な……」

高子 ああっ、何ということなの! モヒカンの槍先が、鬼百合さんのマワシと肌の隙間をいやらしくなぞっている!

鬼百合 「…………っ」

高子 「私なら耐えられませんっ! あんなことをされては、眠っていた性感帯が呼び起こされ、きっとあられもない姿を――」

鬼百合 「高子、お前は私の味方なのか、敵なのか? それとも、また、おかしな霊を降ろしているのか?

高子 味方に決まっているじゃないですか! それに霊も降ろしてなんていません!