(visual:大石竜子)
※音声のリンクをクリックするとサンプルボイスが試聴できます。

ノブ 「──ってわけでね。あたし、秘境を探して旅してるんだよ。ここのことよくわかんないけど、わかんないってことは……秘境だらけ、ってことだしね。ひとりであちこち歩いて探検してるんだ」

アスル 「そうだったんですか。ひとりで……」

クセル 「ひとり旅なんて、すごい。危なくないの?

ノブ 「ま、ちょっとは危ないこともあるけど。探検だからね! でも、ま、どーってことないって。あたしはほら……。なんて言うか……あれよ、あれ」

アスル 「あれ?」

ノブ 「えーと、ほら。一種の天才? だからさ? 割と平気なんだけどね

ナチュ (すごい自信……!)

アスル 「すごいと思います。僕らも旅してきたけど、ひとり旅なんてきっとできそうにない」

クセル 「うん、うん。あたしも、ひとりなんて無理。アスルがいないと……

アスル 「僕はクセルがいないと、知らないことばかりで何もできないよ」

ナチュ (ふたりとも仲いいなあ。いいな。いいな。こんな風に、好きな相手とふたり

ノブ 「ま、探検の素人さんには薦めないよ。あたしはプロだからいいけど。もう結構いろんなところを見てきたんだぜ。もう、この世界の秘境の7割は見てきたかな」

調子に乗るあまり、語尾が「だぜ」になるノブであった。

それでも3人はノブの言葉に目を輝かせていた。文字通り、きらきらと。

焚き火の明かりがそうさせる。3人の、大きな瞳をきらきらと。